CCクリームおすすめ

MENU

CCクリームならスッピン風なのにニキビやニキビ跡、毛穴やシミくすみまでカバーできる!

CCクリームは使用感も軽くてお肌になじみやすくスッピン風メイクででお肌の欠点をカモフラージュできます。

 

ニキビの赤みや茶色くなって残ってしまったニキビ跡なども素肌に見えるような自然な感じで隠すことができます。

 

CCクリームがおすすめなのは、厚塗り感がないのに毛穴が目立たなくなったりお肌のくすみやシミなど隠したい所をすぐに隠せるところです。

 

また、コンシーラーやファンデの厚塗りをしなくても肌のトーンが補正されるので、CCクリームだけで済み、お肌に負担がかかりません。
そして、お肌の保湿力と保ったり、UVカット効果も高く非常に使い勝手の良い便利なクリームです。

 

CCクリームとBBクリームの違い

CCクリームは、肌の欠点を隠すのにマットな感じに塗って隠すのではなく、色の補正効果でカモフラージュしてくれるようなイメージで「塗った感」が無くスッピンのような自然なお肌に仕上がるので、ナチュラルメイク派の方はCCクリームは特にオススメです。

 

小じわやほうれい線などのシワを隠すならCCクリームのほうが目立たなくなります。

 

シワによってできる影がでなくなるので自然な感じで小じわが目立ちません。しかしBBクリームだとCCクリームに比べてヨレやすく、よけいにシワが目立つことがあります。

 

CCクリームは時間がたっても化粧崩れやヨレを防ぐ効果があるので、BBクリームよりもはるかにシワが目立ちにくくなります。

 


まずは使ってみて欲しい!おすすめのCCクリームはこれ!

  • リプロスキンCCクリームはニキビ肌のメイクにおすすめ!

ニキビの赤身やニキビ跡をメイクで隠したいならこれ!

リプロスキンCCクリームは「特に」メイクでニキビやニキビ跡を消したい!隠したい!と思ってる方にピッタリのCCクリームです。

 

リプロスキンは知る人ぞ知るニキビ跡専用の化粧水です。そのリプロスキンを作っているメーカーが作ったCCクリームなのでニキビ肌への相性は特におすすめです!

 

ニキビを隠すためにファンデやコンシーラーを厚塗りして、その後ニキビが悪化してしまった経験ありませんか?
そんな心配がないのがリプロスキンCCクリームです。

 

じっくり使ってお試しできる!120日間返金保証で購入できる公式販売ページはこちら!

 

リプロスキンCCクリーム

 

 

  • 澄肌CCクリームは日焼け止め効果のあるCCクリーム

毛穴やシミ・くすみをカバーするCCクリームならこれ!

澄肌CCクリームはコーセーのCCクリームです。
1本5役で時短ナチュラルメイクができるCCクリームです。
化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー・クリーム・日焼け止めが1本でOK!

 

UVカット機能が高いので夏場の紫外線が強いときでもサラっとしたナチュラルメイクが簡単にできるところが人気です。
BBクリームに比べて化粧崩れしにくいことやテカリが起きにくいことでも澄肌CCクリームはおすすめです。

 

澄肌CCクリームの詳細・購入はこちら!

CCクリームを上手に使うおすすめの方法

CCクリームはお肌の見せたくない部分(シミやくすみ、ニキビやニキビ跡など)を自然に隠してくれる優秀アイテムです。

 

そんなCCクリームを上手に使う3つのポイント
塗った部分と塗ってない部分との境目に気を付ける

CCクリームはBBクリームやファンデーションと同じように自分の肌色に近いものを選ぶと失敗しにくいですが、CCクリームを塗った部分とそうでない部分の境目がわからないように馴染ませることが大切。
具体的には、ニキビやシミなど隠したいところだけ塗るのではなく、顔全体はもちろん首からデコルテにかけての部分や首の後ろから背中にかけての部分にも伸ばして塗ると良いでしょう。
特に後ろ髪をアップにする場合やショートヘアの方は首の後ろまで気をつかいましょう!

 

敏感肌の人は成分に注意

CCクリームの中にはニキビやシミなどのお肌の欠点をカバーするメイク効果がメインのタイプや化粧下地効果、日焼け止め効果など多数の機能を謳ったタイプなどいろいろな種類がありますが、敏感肌の方は多機能タイプのCCクリームには注意してください。
特に日焼け止めに紫外線吸収剤を使用しているCCクリームはお肌への負担が大きいので避けたほうがよいでしょう。
特に肌が弱くない普通のお肌の方は特に気にしなくて大丈夫ですので、気に入ったタイプのCCクリームを選んで大丈夫です。

 

ヨレないようにしっかり伸ばす

BBクリームを使ったことがある方は、夕方になるとヨレてきたり浮いた感じになったことありませんか?
それは十分にしっかり伸ばしていないとそうなりやすくなってしまうことが原因です。
CCクリームの場合はとても伸びが良いのでBBクリームに比べてヨレにくくなっていますが、それでもしっかり伸ばして使うことがきれいを維持するコツになります。

CCクリームをメイクの下地として使う場合

CCクリームは基本的には、メイク下地として活躍します。
洗顔し保湿、乳液や美容液と一通りスキンケアのあと、メイクの前のお肌の欠点を隠すことが簡単にできるのがCCクリームです。

 

 

CCクリームは軽めのテクスチャーでしっかりカバーのBBクリームにに比べてナチュラルな感じに仕上がります。
ナチュラルな仕上がりとはいっても小じわやシミくすみなどを自然な感じに隠してくれるので、その後のファンデーションやアイメイクがとても映えます。

 

普段のお買いもの程度の外出でナチュラルメイクで構わないときは、CCクリーム単体で気になる部分を隠せるので十分だと思います。
市販のCCクリームによっては、BBクリーム並のカバー力を持っていたり、SPFやPA値の高い日焼け止め効果があるCCクリームがあったり、肌荒れやニキビがあっても隠しことはもちろん炎症を悪化させないような肌に優しいニキビ用のCCクリームがあったりしますので、使い分けてみるのもいいでしょう。

 

目元の小じわやちりめんジワもCCクリームでカモフラージュできる!

目元や口元に現れる浅いシワは乾燥が原因のちりめんジワです。
このような細かいシワもCCクリームがお肌を整え、目立たなくする働きがあります。

 

ちりめんジワは加齢と共に増えると信じている方が少なくないのですが、主に乾燥が原因なので若いお肌でも現れる特徴があります。

 

ちりめんジワは、肌の乾燥や保水力不足が主な原因です。
肌の乾燥をケアせずに放置していたり間違ったスキンケアで保湿が十分でなかったりすると、皮丘、皮溝の幅が不規則に広がってしまいちりめんジワが現れます。

 

普段はちりめんジワが気にならないという方でも、飛行機の搭乗などで乾燥した状態に置かれると一時的にちりめんジワができることもあります。
乾燥が強い東京の真冬の湿度は40%を下回ることがありますが、旅客機内の湿度は20%まで下がることもあるそうです。

 

もし保湿を十分に行ってもちりめんジワが解消されない場合、表情ジワや真皮のシワへと進行してしまう恐れがあります。
その場合は、保湿ケアをベースにエイジングケアを行いつつ、CCクリームをメイクの下地に取り入れて、シワのないお肌にメイクしてきれなお肌を保ちましょう。

更新履歴